工務店とは全く関係ないインスタはこちら

空き地

 最近解体工事をよく見ます。普通の住宅はもちろん、ちょっとしたビルまで、あっという間に解体され空き地となっています。住宅は借地で、子供達は独立し高齢者の一人暮らしであった物件が多く、住人が亡くなった後、更地にして地主に返すという寂しいケースがよくあります。

 大きなレストランが解体され、関門海峡の爽やかな景色がよく見える空き地が出来ましたが、すぐにマンション建設用地の看板が立てられました。景色の良い場所に何棟もマンションが林立し、住人以外はその景観を眺められなくなるのはかなり残念な事です。少子高齢化で人口も減っているのにマンションばかりがどんどん建っていますが、いったい誰が住んでいるのか不思議です。

 

コメントをお書きください

コメント: 2