工務店とは全く関係ないインスタはこちら

覚悟してませんが

 親知らずの抜歯。覚悟は出来ていませんが、痛くて食事もしずらいので抜きに行きました。 「もう一度薬を注入して様子を見ましょう」 と言ってくれないかという淡い期待は、目の前にならぶ抜歯器具を見た途端、遥か彼方に飛んで行ってしまいました。ずーんとした麻酔の感触は何十年ぶりでしょうか。思ったほど痛くは無いけれど先生の引き抜こうとする力をビシビシ感じます。医者も力仕事ですな。か弱い女医さんはこういう時どうしているのでしょう。その後どうなったか・・続きはまた今度。